馬田草織『ようこそポルトガル食堂へ』
Portugaldinning.jpg

馬田草織さんの食旅エッセイ『ようこそポルトガル食堂へ』です。
単行本より新章が加筆され文庫化されました。イラストは小池ふみさん。素朴で味わい深いポルトガル料理の魅力を、お皿に白いフルフル(新鮮さが命のポルトガル独特のチーズ「ケージュ・フレシュコ」)と木のさじ、そしてテーブルクロスだけで、ばっちり描いていただきました。

初夏、著者の馬田さんより文庫出版記念イベントにご招待いただき、ちょうど上京していた母と一緒に参加し、ポルトガルの緑のワイン「ヴィーニョヴェルデ」5種のテイスティングを体験しました。微発泡のヴィーニョヴェルデは見た目も涼しげでお値段もお手頃、すごく美味しかったです。イベント前にエッセイを読んで参加した母は、文中での豪快な食べっぷりにすっかり馬田さんを大柄な男性と思い込んでいて、とても華奢な女性のご本人に驚いてました。7月発売。

幻冬舎文庫 / 2014
illustration by 小池ふみ http://fumikoike.blogspot.jp
book design
[ポートフォリオ/本