新選組リアン『愛の唄』

lien_single3_h1_reg.jpg

新選組リアンサードシングル『愛の唄』です。一枚目は白、二枚目を黒でまとめたので、三枚目はタイトルと歌詞から真っ赤なジャケットにしたいと思い、上半身に赤でボディペインティングを施し、みんなが強く祈るイメージの案を作成しました。それに加え今回からの新衣装案、そしてバリエーション違いの計4案から『深イイ話』番組サイト上で視聴者投票を実施した結果、この新衣装案に決定しました。新衣装が黒のスーツだったので、タイトルは洋のイメージでローマ字表記にし、ジャケット外まわりは白背景、オビにだけ赤のイメージを入れ、パッケージを開いた中を情熱的に、血の色、真っ赤にしました。

lien_single3_disc.jpg

lien_single3_6p.jpg

撮影時は「強く祈って」とだけお願いし、自由にポーズしてもらいました。それぞれの祈る姿からも個性が垣間見えるかなと思います。

上より 
ジャケット初回盤、ジャケット通常盤
盤面
三つ折り6面ブックレット

YOSHIMOTO R&C CO.,LTD. / 2010
photographs by Takashi Miezaki
body painting by Yu-ki Akagi and Chika Masuda
art direction and design
[ポートフォリオ/音楽
新選組リアン『本当に僕でいいんですか』

lien_single2_bc.jpg

新選組リアンセカンドシングル『本当に僕でいいんですか』です。前作のスタートラインに立った彼らが走り出し、暗闇の中がむしゃらに走り続けているものをと、横、前、後ろ向き、と、たくさんたくさん走ってもらいました。みんなの一生懸命な走りと表情から心意気が伝われば幸いです。

lien_single2_6p_naka.jpg

歌詞面は対照的に正座。文字まわりは全て西陣織の衣装の帯のイメージで金刷りにしました。

lien_single2_2CDPOP.jpg

上 ジャケット、バックカバー
中 歌詞面(クリックで拡大)
下 店頭ポップ(クリックで拡大)


YOSHIMOTO R&C CO.,LTD. / 2010
photographs by Takashi Miezaki
art direction and design
[ポートフォリオ/音楽
新選組リアン『男道』


lien_otokomichi_disc.jpg

lien_otokomichi_6p_naka.jpg


日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」から誕生したグループ、新選組リアンのデビューシングル『男道』です。あるお笑いDVDジャケットコンペ参加をきっかけに声をかけていただき、デザイン担当しました。

プロジェクトの概要を聞き、数ヶ月前まで一般の大学生だった彼ら自身と彼らの意気込みを出来るだけまっすぐ伝えられるような自己紹介のようなジャケットにしたいと思い、装飾無しのシンプルなポートレイトをとにかくかっこよく撮ってもらえる方に撮影していただこう、写真が肝心と、以前からデザイン、写真供に好きで気になっていた「発見。角川文庫」広告一連の松山ケンイチさんを撮影された三枝崎貴士さんにお願いしました。

lien_otokomichi_bc.jpg

撮影当日、題字をメンバー皆に書いてもらうも惜しくも却下、入稿日もせまったある真夜中、床に半紙を広げて何枚も何枚も汗かきながら書きました、男、男、男…。こうして書いた若干ぎこちなくもない文字も、彼らのような初々しさとみなし良しとしました。せっかくの写真を邪魔しないよう、出来るだけ要素を削ぎ落としたデザインを心掛けました。

YOSHIMOTO R and C

上 ジャケット、レーベル面、歌詞面
下 バックカバー

YOSHIMOTO R&C CO.,LTD. / 2009
photographs by Takashi Miezaki
art direction and design
[ポートフォリオ/音楽
薬をむやみにのんだらいけません


ブラッピーが、ではなく、わたしが、自己流で薬をのんでいたら、アレルギーで薬疹がでてしまいました。全身まっかっか。。。唯一、左右非対称に薬疹がでているのが右手の中指と薬指の下あたりで、ツボを調べると肝臓、そういえば咳をすると右肋骨が痛いと思ってのがまさに肝臓あたりであらためてツボってつながってると実感しました。

ブラッピーは元気になりました!
[兄のマンガ
降りる猫
IMG_0688.jpg
IMG_0689.jpg

祖父がこのシュロの木の枝でよく虫たたきを作ってました。

EOS Kiss X3 チロ
[猫の写真
覗く猫


祖父作、緊張感あふれる鳥の巣箱。

EOS Kiss X3
[猫の写真
大正イマジュリィの世界


小村雪岱展にて購入したお気に入りの雪兎柄のハンカチを先日落としてしまい、些細なものとは重々に承知しつつも心当たりの明治神宮に問合せました、が、届いておらず、では、と、購入した埼玉県立近代美術館のサイトから問合せメールをしたところ、渋谷の松濤美術館にて開催中の『大正イマジュリィの世界』にて雪岱グッズを委託販売中ですよ、と広報ご担当者の方から丁寧にご返信いただき、早速翌日行ってきました。

taishoimagerie_h4.jpg

一般書籍としても販売されてるこちらの本の展示です。大正時代の装幀、挿絵、ポスター、絵はがき、広告、漫画など大衆的な複製としての印刷・版画が300点あまり展示してありました。

第1部「大正イマジュリィ13人」では特に活躍された13名を紹介、絵画等で有名な方から始めて知った人まで。特に日本で最初のグラフィックデザイナー(!)と呼ばれたという杉浦非水氏の『三越』の表紙や図案などが20数点あり、見応えありました。そして橋口五葉氏装幀『吾輩ハ猫デアル』が何冊か展示してあり、初めて当時の本を見れて興奮、シンプルなのにとても存在感がある猫がかっこいいです。あと、小林かいち氏の絵はがきや封筒がとても良かったです。

第2部「さまざまな意匠」では雪岱からデザイナー不明のものまでたくさん展示してあり、どれもタイトル文字がとても凝っていてまじまじと見ました。ちらし裏にもある『悩める森林』のタイトル文字がもうまさに悩める森林で、どんな気持ちでこのお洒落な文字を描いたのかなと想像したりと楽しかったです。約300点のなか、雪岱のものがほんの少しあり、見つけると雪岱雪岱!とはしゃいでしまいました。

雪岱のハンカチを落としたことがきっかけで、素晴らしい展示情報を知ることができ、雪岱の装丁本がまた見れ、さらに「現代日本のグラフィックデザインの礎を築いた人物の一人」という杉浦非水氏を知ることができました。そして入場料300円!です。新たに購入したハンカチをもう落とさないよう、気持ちをひきしめデザイン続けよう。

上 展覧会ちらし(表)
下 展覧会ちらし(裏部分・クリックで拡大)
[ライブ&イベント
食べすぎブラッピー


黒猫親子共々勢いよくといきたかったところ、新年早々ブラッピーが食あたりで寝込んでしまい、わたしも何年振りかの風邪をひきました。四六時中ニャー(ごはん!)ニャー(もっとごはん!)と鳴いて歩くときもなんならわたしの足にのっかって一緒に歩くくらいにぎやかだったブラッピーが、一言も鳴かず全てに無反応で猫小屋の奥にひっそりと姿をかくし毛もばっさばさに… 約一週間寝込みようやく回復してきたと連絡ありました。良かった。これから勢いを取り戻さねば…!
[兄のマンガ
あけましておめでとうございます
2011.jpg

あけましておめでとうございます。
2011年、どんな年になるでしょうか、いや、やはり、するか、です。流れに身をまかせ始めたフリーでのお仕事に本腰を入れ、続けていけるよう、このブログが猫写真よりポートフォリオでいっぱいになるよう、いろいろ行動していきたいです。ここ10数年で今年の年賀状は昨年末に出せたことが小さすぎる進歩です。黒猫親子共々、勢いよく、宙に向かって、本年もどうぞよろしくお願いします。

プリントゴッコ 2011
[ポートフォリオ/その他
| HOME |