サニーデイ・サービス TOUR 2010
曽我部恵一BANDのサイン

サニーデイ・サービス TOUR 2010@九段会館に行きました。
シンプルな照明、ステージセットのなか、ひたすら演奏演奏演奏、曲間の静寂、そして演奏演奏演奏、そんなストイックで神聖な雰囲気のライブでした。かっこよかったです。MCで「あれから10年、10年たったけど人ってそんなに変わらないなあって思う」みたいなことを言われていて、自分の10年間を思い返したりしました。秋の夜長に九段会館でサニーデイ、しみじみと良いライブでした。

画像は、おもしろMC満載の曽我部恵一BANDのライブにて頂戴したサインです。ライブ終了後、物販でサイン中のご本人たちを前に興奮、持ってたバッグの中身を出してサインしていただきました。一緒に行った元同僚もあわてて手持ちの荷物を探して「これだ!」とiPodの裏にサインしてもらい、大喜びしたのも束の間、帰り際にはだいぶ消えかかってました。そんなこともあった10年間

曽我部恵一BANDサイン!
[ライブ&イベント
高山真『愛は毒か 毒が愛か』
『愛は毒か毒が愛か』表1

高山真さん著『愛は毒か 毒が愛か』です。
現在は更新終了した講談社MouRaにて連載されていたエッセイをまとめたもので、マツコ・デラックスさんとの盟友対談も収録されています。同じ名前のよしみでとご紹介いただいた担当編集者さん明子さんのご要望「置かれるだろう恋愛本コーナーはパステルピンクピンクしてるので、そのなかで目立つようなもの」を、毒々しく目指しデザインました。

『愛は毒か毒が愛か』カバー+オビ

カバーとオビ全体です(クリックで拡大)。
タイトルと内容から、バラの刺や茨のイメージが思い浮かんだので、その線画を描いてフォトショップで色づけし、オビ下につぼみをひそませてみました。2007年刊行。

講談社 / 2007
book & page format design
[ポートフォリオ/本
プリント
グラスプリント

写真のクラスで初めてプリントした一枚です。フィルムからではなく、グラスを直接印画紙の上に置いて感光させ、現像液、固定液に浸し、洗って乾燥、仕上がりました。現像液の中で画像がゆっくりと浮かび上がってくる瞬間がわくわく楽しかったです。グラフィックデザインの仕事も、印刷所から色校正紙あがってきて確認する瞬間が一番緊張しつつ楽しみで、そんな楽しみな校正紙をうけとった今日の帰り道、わたしの前を歩いてた2人組みの一人が向いから歩いてきた人に「あっ」と声をあげて駆け寄っていったので久しぶりに出会った知り合いなのかなと思ってたら「あの~すみません、このへんに催眠術で…」と聞こえ、夜の新宿にはいろんな人がいるなと思いました。

glass on photo paper
[雑記
シロクロ猫男爵
白黒猫

おかえりブラッピーのマンガをアップした翌朝、本当にブラッピーが帰ってきました。マンガは半年前に描いてたもので、もう一ヶ月半になるなとなんとなしにアップしたら、金曜日の早朝に父から着信があり、もしかして…と思い電話したら「帰ってきた」と。わたしが東京に戻った日から姿が見えなくなったようで、ブラッピー、わたしを探して迷子になっちゃったんじゃないかと、そしてこっそりブログを見たんじゃないかと、なんてロマンチックなことを思ってしまったほどのタイミングで、関係ないけどブログ続けていこうと思いました。かなり痩せてるみたいで、どこに行ってたんでしょう。帰ってきてよかったよかったよかった…!おかえり。

最近たまに出没するらしい白黒猫の写真が届きました
[猫の写真
おかえりブラッピー その3
おかえりブラッピー

 つづき

[兄のマンガ
おかえりブラッピー その2
おかえりブラッピー

 つづき

[兄のマンガ
おかえりブラッピー その1
おかえりブラッピー

 つづき

[兄のマンガ
| HOME |