スイス1日目
KLMの備品

朝10時、KLMオランダ航空にて関西空港出発。初KLMです。
備品のパッケージからオランダデザイン!と喜びつつ、機内食食べたり映画観たり眠ったりしてるうちに、東京から広島へ夜行バスで帰るより少し短い時間で異国の地はアムステルダム・スキポール空港に到着。遠いような近いような。とはいえ、目にとびこんでくる景色が全く違うのではるばる来たなあと実感しました。画像上半分は、友達にもらった10年以上前のもの、下半分が今回のものです。使用フォント含めデザインがリニューアルされているけど印象は近い感じがします。初オランダ!と興奮する間もなく、入国手続きをすませ、広い広い空港内を移動しジュネーブ空港行きに乗り換え。スイスはもうすぐ。

 つづき

[海外透析旅行
Klee trifft Picasso
Klee trifft Picasso dm

スイス滞在5日目、首都ベルンにあるパウル・クレーセンターに行きました。ちょうど特別展「Klee meets Picasso」が開催中で、本などでも見たことの無いたくさんのクレーとピカソの作品が、構図やモチーフ等の何かしら関連性があるようなものを並べてテーマ別で展示してあり、とても興味深かったです。クレーの原画は色がとてもとてもきれいで繊細で、淡く深いこの色彩群は印刷ではなかなか再現が難しいんだなと思いました。あと、展示の壁の色が要所要所なんとも渋い灰色だったり、濃紺の余白に藤色の木枠や深い灰色に落ち着いた茶の木枠の額装、建物全体のサイングラフィックの蛍光オレンジと蛍光パープルの組み合わせなど、色使いが印象に残り、センターの建築自体はもちろん、それを補うデザイン全てがとてもかっこよく洗練されていて刺激になりました。

Klee trifft Picasso
Zentrum Paul Klee

 つづき

[ライブ&イベント
スイスへ
ニヨンのひつじ

嫁いだいとこを訪ねに、叔母、父、母とスイスに行きました。ジュネーブ空港に夕方ごろ到着し、車で20分程のいとこが住むレマン湖のほとりのニヨンという街へ。まずお家の近所を散歩してみたら、ひつじが勢揃いしてこちらを見てました。気温は18℃、翌日は13℃、涼しいをとおりこして寒かったです。暖炉の薪をたいてもらい暖をとったのが今では想像できません。スイスはとても美しく気候が良く人が親切、そしてデザインがかっこいい!国という印象で、また行きたいと思いました。父のスイスでの透析のことも併せて、少しずつ旅行記を書いていこうと思います。

DMC-LX1
[海外透析旅行
猫のお皿
ちびぶち
ちびぶち

ある日、会社に着くと猫好きのご近所さんに「あなた、これがいいわよ。使いなさい。」と植木鉢用受け皿を渡されました。猫が苦手なご近所さんに怒られないようのカモフラージュ猫ごはん入れです。

Nikon D90
[猫の写真
| HOME |