猫にもあくびはうつりますよね
グッピー

2009年前半もあと1ヶ月です。ポートフォリオをっ!と意気込み始めたブログですが気づいたら今のところノーポートフォリオ、のんびりしすぎです…。これからは猫猫猫猫猫ポートフォリオたまに雑くらいでアップしていくぞと気合いを入れ直しつつもグッピーのあくびを見てたらあくびがでてきました。

Nikon FG-20
[猫の写真
閉め出したわけではありません
しろとくろ

入り口のドアを開放してたら、久々に猫がやってきて中でくつろいでました。にゃあああ、と。

DMC-LX1
[猫の写真
雨の日、熊本城の天守閣から
熊本城
熊本城
熊本城

新緑がきれい、たくさんの傘がかわいいと眺めてると、大きな水たまりはどんどん形を変え、まるで生き物かのように見えました。

Rollei35(ミニチュア模型写真のように撮れました)
[雑記
ぶち親子
ぶちとちびぶち

柄がほぼ一緒のたぶんお父さん猫とその子ども。最近近所で工事が続いてるからか、めっきり猫たちが来なくなりました。

SLR690
[猫の写真
アナ
アナ

先日プーチン首相が来日時に「日本人の精神を尊敬している。日本人とロシア人の精神は近い」というようなことを発言されていたのをテレビで観ました(うろ覚え)。ウクライナからの移入民で大学で同じクラスだったアナは、クラスでいつもアメリカ人ではなく日本人の私たちと一緒にいることが多く、多くを語らなくても通じ合えるような居心地良さでした。身近な体験からしても確かに精神性が近いのかもしれません。そんなアナを写真の授業で校内で撮影した一枚。彼女の強い視線が気に入ってます。

www.wonderme.com

学校の常設機材のニコン(機種忘れました)
[雑記
1000円
オブジェを持った無産者

一昨日電車に乗ろうと足を踏み入れた先に、1000円が落ちてました。
一瞬どうしようと思いつつも見なかったフリをし、吊り革につかまりながら「拾って届けるべき?」「でも拾ってるときにねこばばしてると思われたらいやだしな」「まあ誰かが拾うからいっか」と考えてると、斜め前の男性がすっとそこに向かい「落とされました?」とその千円札を夢中でおしゃべりしてた女子3人組みに渡しました。そのスマートな対応を目の当たりにし、面倒くさいと思った自分を反省…。わたしが過去落とした財布も(正確には、トイレの個室に置き忘れ、ものの3分で無くなった、それも大学の卒業式の日、卒業生しかいなかったRADIO CITY HALLの控え室で…)彼のような人に見つけてもらえてたら。これまでにもよく落ちてる裸の現金に遭遇し(新宿の世界堂で5万くらいとか)その度ナニかにためされてるような気がしてオドオドちゃいます。下ばかりでなく上を向いて歩こう、です。

画像は赤瀬川原平さん著『オブジェを持った無産者』の見返しです。千円札裁判について記されているので1000円つながりで。凝った装丁がかっこいいです。初版昭和45年。
[雑記
最後のマンガ展 熊本
最後のマンガ展
最後のマンガ展

4日、熊本市現代美術館にて開催中の『井上雄彦 最後のマンガ展』に両親と姪っ子と行きました。上野の森美術館に続き2回目です。12~13時入場チケットを購入していたので余裕をもって朝6時に広島を出発したものの、九州道に入ってから渋滞…。熊本市内もかなり渋滞していたりでぎりぎり10分前に会場に到着しました。当日券での行列(長い!)を横目に進みすぐ入場できました。

チケットをもぎってもらうところの壁全体に薄墨で描かれた空間から始まりです。なんとなく霊巌洞に入っていくような感覚、熊本だからかな。上野では絵一点一点をじっくり観たため全体の流れを把握できてなかったのでその反省点もふまえて心の準備は万端、そして今回はその空間に一歩足を踏み入れた瞬間からマンガの世界観にぐっと入り込めました。画集担当の編集者さんが泣きそうになった(泣いただったかな)と言われてことにやっと共感しました。

バガボンドを読んでいない両親、マンガの原画を初めてみるようでその迫力と線の美しさに圧倒されてました。小二の姪っ子には刀を持った侍の絵は怖かったのかもしれません…。「こわい」と連発してましたが、どの絵が印象に残った?と聞くと「にょろにょろの(おじいさんの)絵がかわいかった!」と喜んでました。父は「風が吹いとるけえ傾いとるんじゃのお」と風が吹いてる様がいいと思ったという斜めに傾きながら歩いてる後ろ姿の絵が、母は三十三間堂での武蔵とおつうの絵がきれいだと言ってました。熊本での描き下ろしが何点かありかなりの迫力でした。わたしは最後の部屋の絵が好きです。その部屋に入ると爽やかで穏やかな風が吹きぬけあたたかく優しい光が射してるような、実際その場にいるかのような感覚をうけました。ずっと眺めていたい美しい光景。上野で観た時は横長の1枚絵だと思ってたキャンバスが何枚にも分かれていることに気づき、よりこの空間を演出してるのかなと思いました。最初から最後までずっとずっと光が美しかったです。

そしてグッズ売り場へ。画像のように手前の部屋がメッセージ部屋になってました。売り場は大盛況で、図録、ポスター、Tシャツ、手ぬぐい、エコバッグ、筆、ペン、ピンバッジ、等々あり、エコバッグを買ってる人を多く見かけました。父はスラムダンクに登場するちどり荘のモデルになった湯来温泉のみどり荘さんにプレゼントすると『WATER』『墨』を(田舎は皆知り合いです)、わたしは和紙のポストカードセットを購入しました。みどり荘には今でもスラムダンクを読んで来ましたというお客さんがたくさんいるようでとても感謝されてるとのことです。そして100円ショップで傘を買い雨のなか熊本城へ行き、駐車場に戻るまでの小一時間で父は傘をどこかに置き忘れ、わたしはポストカードをどこかに落とし、大渋滞の九州道を広島方面に帰りましたとさ。

・みどり荘

Rollei35
[ライブ&イベント
広島に帰省しました
原爆ドーム
原爆ドーム
ちょうちょ
かたつむり

連休に帰省した際、ローライ35でいろいろ試し撮りしてみました。
①原爆ドームにとまる平和の象徴鳩ではなくカラス、②原爆ドームの柵にとまるこれまた鳩ではなくスズメ、③野花にとまる蝶々、④木にとまるかたつむり、と無理矢理とまるシリーズです。

ローライ35に興味をもったきっかけは原康さん著『小さな旅の写真ノート』です。原さん愛用カメラとして紹介されてました。沈胴レンズ、ピント目測式、レンズの左右にあるシャッタースピードとしぼり設定ダイヤル等、いろいろな機能が手のひらサイズのコンパクトなボディにぎゅっと詰まっているそのデザインにひかれました。フィルム3本を試し撮りしたところ、2本目撮影後のフィルム巻き戻し途中で裏蓋を開けてしまい、うちの猫クロとクロをねらう野良猫とのすごいいいショットを何枚かをごっそり露光させてしまいました…。そんな失敗をしながらもようやく操作に慣れてきて、下の2枚のようにまるで斜がかかったようにあがってきたりとフィルムカメラでの撮影は楽しいです。

Rollei35
[雑記
ローライ35
しろ

久々にカメラをヤフオクで落札しました。とりあえずビール的に猫。

Rollei35
[猫の写真
タマには出ます
たま

男は背中で語る、タマです。

Konica C35 FD
[雑記
| HOME |